教育プログラムについて

部局横断型プログラム 「国際総合日本学教育プログラム」 (学部レベル)

1.概要

国際総合日本学教育プログラムは、日本の政治・経済・文化・社会を理解するために必要となる知識を、様々な学部・分野の優れた教員が提供するプログラムです。基礎から専門にいたる日本学を提供します。授業はすべて英語で行われます。カリキュラムは1年間で修了できるように設計されており、修了要件を満たした場合に、修了証を交付します。

2.受講主体

受講主体は、本学の学部後期課程学生(及び大学院学生)及び全学交換留学生・部局間交換留学生として本学を訪れた特別聴講学生です。

3.科目・修了要件

基幹科目と展開科目から構成されます。
基幹科目は、基礎的・根幹的な知識を提供するもので、7つのカテゴリーがあります。
展開科目は、日本に関する様々な知識を提供するものです。 修了要件は、基幹科目および展開科目から合計12単位以上(うち基幹科目の2つ以上のカテゴリーから4単位以上)を取得した学生に対して、プログラム修了証を交付します。

正規課程学生の方は、学部を卒業または大学院を修了(博士満期退学を含む)することも修了要件です。卒業、修了(博士満期退学を含む)できなかった場合は、修了証は交付されません。

【基幹科目の7つのカテゴリー】
Japanese Politics
Japanese Law
Japanese Foreign Relations
Japanese Economy
Japanese Society and History
Japanese Culture
Japanese Education

4.プログラム登録申請と履修登録について

プログラム各科目の履修登録は、所属の学部/研究科の履修登録方法に従い、履修登録期間内に行って下さい。
※全学交換留学Type Uの特別聴講学生は国際交流課の指示により登録してください。

5.修了証の申請について

下記の期間・方法により修了証の申請手続きを行ってください

2019年9月に学部を卒業又は大学院を修了(博士満期退学を含む)する学生、または 2019年8月で交換留学期間を終える学生で、プログラムの修了要件を満たす見込みの場合には、 2019年5月17日(金)まで(予定)

2020年3月に学部を卒業又は大学院を修了(博士満期退学を含む)する学生、または 2020年3月で交換留学期間を終える学生で、プログラムの修了要件を満たす見込みの場合には、 2019年10月31日(木)まで(予定)

(1)正規課程学生:UTASによりWebから修了証の申請手続きをしてください。 手続きについてはこちらをご参照ください。

(2)全学交換留学(USTEP)Type Gの特別聴講学生及び部局間交流協定の特別聴講学生:所属部局の履修申請の窓口でご確認ください。

(3)全学交換留学(USTEP)Type Uの特別聴講学生:国際交流課にご確認ください。

※申請を行っても修了要件を満たせなかった場合、修了証は交付されません。
※正規課程学生の方は、卒業、修了(博士満期退学を含む)できなかった場合は、修了証は交付されません。

授業一覧

基幹科目(2019年度)
カテゴリー 科目名 科目番号 開講学部 担当教員 学期 開講時限 単位
Japanese Politics Politics and Public Policy 0119973 Law MAEDA Kentaro A1・A2 Thu 2nd 2
Japanese Law Introduction to Japanese law 0119972 Law FISHER JAMES CLAYTON A1・A2 Tue 1st 2
Japanese Foreign Relations Japanese Foreign Policy / Modern Japanese Diplomacy 0119974 Law Masahiro Kohara A1・A2 Thu 1st 2
Japanese Economy Institutional Analysis of Japanese Economy I 0704452 Economics Masaki Nakabayashi A1 To be arranged 2
Japanese Society and History Japanese Society and History 04194344 Letters Christopher Bondy S1・S2 Fri 3rd 2
Japanese Culture Japanese Culture 04190025 Letters ZHONG Yijiang S1・S2 Fri 4th 2
Japanese Education Analysis of Japanese Education 09198009 Education Christopher Bondy A1・A2 Fri 4th 2
展開科目(2019年度)
科目名 時間割コード 開講学部 担当教員 学期 開講時限 単位
Boom and Bust: the Political Economy of Development in East Asia 0119978 Law NOBLE GREGORY WILLIAM A1・A2 Tue 2nd 2
Introduction to International Conflicts 0119964 Law Kiichi Fujiwara S1・S2 Wed 1st 2
Culture and Society in Modern Japan 04195520 Letters Masaaki Kinugasa A1・A2 Wed 5th 2
Foundation of Advanced Development Economics 0704068 Economics Yasuyuki Sawada S2 Fri 3rd & 4th 2
Japanese Economy Ⅱ 0704232 Economics Takeo Hoshi A1A2 To be arranged 2
Population Aging and the Generational Economy 0704062 Economics Naohiro Ogawa A1A2 To be arranged 2
Introduction to Auction Theory and Mechanism Design 0704165 Economics Marszalec Daniel Janusz A1・A2 To be arranged 2
Seminar in Global Liberal Arts I (1) 08F140501 Arts and Sciences Sheng Shang-yu S1・S2 Mon 3rd 2
Seminar in Global Liberal Arts Ⅲ (11) 08F140711 Arts and Sciences SHIMADA Yoshiko S1・S2 Tue 3rd&4th 2
Seminar in Global Liberal Arts Ⅲ (12) 08F140712 Arts and Sciences NIITA Chie S1・S2 Mon 3rd 2
Seminar in Global Liberal Arts Ⅳ (1) 08F140801 Arts and Sciences KATSUMATA Mikihide A1・A2 To be arranged 2
Seminar in Global Liberal Arts Ⅳ (2) 08F140802 Arts and Sciences Christian Collet A1・A2 To be arranged 2
Lecture in Global Liberal ArtsⅠ 08F1402 Arts and Sciences HIGASHI Daisaku S1S2 Thu 4th 2

6.お問い合わせ

お問い合わせはこちらへ、メールでお願いします。
intex-ut.adm[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp

「国際総合日本学教育プログラム」 (大学院レベル)

1.大学院教育プログラム概要

海外での「他者研究としての日本研究」と東京大学と日本における「自己研究としての日本研究」の交差・融合をめざす国際総合日本学(GJS)ネットワークは、研究と教育との二つの柱からなっています。研究者ネットワークの形成と研究情報の発信を行っていると共に、日本の政治・経済・文化・社会を理解するために必要となる知識を様々な学部が提供してい ます。このたび、GJSの研究と教育の一体化を目指し、学部だけではなく大学院レベルの授業の開講の必要性もあり、情報学環アジア情報社会コース(ITASIA)でITASIA139を開講するこ とになりました。GJSの定期的な講演会をベースにした、学内と学外の優れた学者による、1ターム(10週間)の英語による授業です。

2.受講主体

本授業は、ITASIAプログラムだけではなく本学のすべての大学院学生が受講できます。

3.授業タイトルと概要

ITASIA 139 “Intellectual Giants” in UTokyo: Critical Evaluation of Their Accomplishments in Contemporary Contexts

This graduate course is the first series of lectures that critically examine and evaluate the history of major intellectuals and scholars of or associated with the University of Tokyo in the modern period. By examining various intellectual legacies of one of the most important research and education institutions in Japan and the world, this course aims to generate critical understanding of modern knowledge production and circulation in relation to social change and cultural formation in Japan. By so doing, potential contribution of Japanese scholarship to the understanding of contemporary (global) issues will be explored.

Every year, a specific theme or period or a group of prominent intellectual figures will be identified for focused study and discussion, and scholars working on that specific topic are invited from within or outside of Japan to lecture and lead classroom discussions. For 2018, the lectures will focus on the question of “the social ” and address the issues of how (Japanese) society has been understood by scholars of the University of Tokyo and what social implications their understanding has generated. We arranged six lectures by three sociologists and one anthropologist to approach this set of questions.

4.開講日時と時限

2018年9月25日ー11月16日(A-1ターム) Sep.25-Nov.16, 2018 (A1 Term)

5.スケジュールと講師と課題
Course Schedule

Week 1 (Sep.27): Introduction Lecturer: Prof. Shigeto Sonoda and Yijiang Zhong

Week 2 (Oct. 4): Moritaro Yamada: Finding the Risk Sharing Mechanism of the Informal Sector
Lecturer: Prof. Masaki Nakabayashi (University of Tokyo)

Week 3 (Oct. 11): Moritaro Yamada: Risk Sharing, Stability, and Growth
Lecturer: Prof. Masaki Nakabayashi (University of Tokyo)

Week 4 (Oct.18): Maruyama Masao, Otsuka Hisao, and Kawashima Takeyoshi: Modernization of Japan and Max Weber (I)
Lecturer: Prof. Wolfgang Schwentker (Osaka University)

Week 5 (Oct.25): Maruyama Masao, Otsuka Hisao, and Kawashima Takeyoshi: Modernization of Japan and Max Weber (II)
Lecturer: Prof. Wolfgang Schwentker (Osaka University)

Week 6 (Nov.1): Ishida Eiichiro and Nakane Chie: In Search of Uniqueness of Japanese Society
Lecturer: Prof. Katsuo Nawa (University of Tokyo)

Week 7 (Nov.15): Fukutake Tadashi and Makino Tatsumi: “Asia Connection” in Japanese Sociology
Lecturer: Prof. Shigeto Sonoda (University of Tokyo)

Final report due on Nov. 22

Course requirement:
Attendance and discussion participation: 40%
Final report (6 page, double spaced): 60%

6.お問い合わせ

お問い合わせはこちらへ、メールでお願いします。
gjs@ioc.u-tokyo.ac.jp